Xperd

ノートでゲーマーになるためのeGPU<外付けグラボ> ~説明編~

とりあえず金がない人には朗報です。
ノートPCでFullHD、60fpsのゲームができるようになる「eGPU」をご存じですか。ノートに増設できる場所なんてない、のですが、多くのノートPCにあるminiPCIeポートを使用してデスクトップにつけるようなGPUがつかえちゃうものです。
細かいことはこのサイトを参考にしたので、必ずご覧ください。

追記

2016/12/17 頂いた動作報告を載せました、書いてくださった方ありがとうございます、日本製品はNECとパソコン工房しか来ませんね...

動作報告

メーカー 型番 OS eGPUアダプター スイッチ1 スイッチ2 GPU 備考
Dell e5530 win10 PE4C 3 3 GT610 内蔵ディスプレイと併用にはSetup必要
e6220 PE4L 1 2 GTX970
Vostro 1520 win7 PE4C-2.1 ExpressCard 2 3 GeForce750Ti
Lenovo Y480 GDC EXP BEAST GTX
X220 PE4L 1 3 GTX260
ubuntu studio 14.04 PE4C-2.1 1 2 GTX960
NEC PC-LS150MS win10 PE4L 3 1
2 3
パソコン工房 GT750M搭載ノート GTX960 玄人志向OC
Lasance NB 15NB7010-i7-JSB PE4C

※注意

  • 全てのノートPCでできるわけではありません。
    • Lavie(NEC)・・・メモリ増設等も認められており、改造もしやすく、失敗例は少なめです。
    • dynabook(TOSHIBA)
    • LIFEBOOK(富士通)
    • VAIO(SONY)
    • Let's Note(Panasonic)
    • パソコン工房・・・成功事例あり
    • HP
    • Lenovo・・・成功事例あり
    • DELL・・・成功事例あり
    • acer
    • ASUS
    • mouse computer
  • 基本的に内蔵の液晶は使えません。海外製品(HP、Lenovo等)は報告事例もありますが、日本製品ではあきらめましょう
  • eGPU Setup 1.3等の有償($20)ソフトが必要になるときがあります。特に富士通、acer、ASUS製のノートPCではこのソフトを使わないとeGPUが使えないことがあります。事前にメーカーでリサーチしておきましょう。
  • 裏ぶたを開けることなり、eGPUを使ってる間はノートPCを動かせません。はずせば元通り使えるので、その所は大丈夫です。
  • 基本的にはminiPCIeポートはWi-Fiで使われています。外した時に使えられなくなるので、USBのWi-Fiアダプタを買っとくと良いです。Bluetooth内蔵のノートPCは同時にBluetoothが使えなくなると考えてください。
  • miniPCIeはあくまでもminiなのでPCIe x1の速度しか出せません。グラボはx16にさすのが普通なので1/16の速度となり、あまり高いGPUを買っても十分に性能は発揮できません。そこに金をかけるならデスクトップPCをおすすめします。
  • PCIeにはバージョンがあり、gen1-2.5Gbps、gen2-5Gbps、gen3-8Gbps、となっています。PCとアダプターのアダプターのバージョンで左右されるので、とりあえずgen3のものを買うことをおすすめします。

必要な物

ここではminiPCIeを使って話を進めますが、Express Card等でも同じです。

・GPU(GTX 970より上は十分な性能を出せないうえに、高いのでお勧めしません)


買ったのは玄人志向のGTX 960(23,898円)
同梱品は説明書2冊、CD-ROM、6ピンへの電源変換ケーブル、DVI--D-Sub変換ケーブル

・miniPCIe-PCIe変換ボード


買ったのはBplusのPE4C(10,778円)
同梱品は8-6ピンの二又ケーブル、固定するためのネジやナット類

・ATX電源やACアダプタ(D220P-01のみ)

買ったのはDELLのD220P-01(2,538円)

・液晶ディスプレイ(TV等でも)

最初はテレビでしたが、のちにI-O DATAのEX-LD2071TB(8,180円)

・キーボード、マウス、スピーカー等必要なもの。
・Wi-Fiアダプタ(必要な人のみ)

合計で45,394円。こんなもんですが、PS4程度の値段です。

やり方

1. 変換ボードにGPUを装着、GPUの電源も変換ボードとつなぐ


2. 変換ボードのスイッチ1を3、スイッチ2を1にする(PCによって違うので要調整)


3. HDMI等で変換ボードと液晶をつなぎ、液晶の電源オン


4. 変換ボードに電源をつなげる


5. 変換ボードとPCを接続

うちのPCは位置的にコードが邪魔してネジで固定できないので、テープで強制的に固定しました。
一応使えてますが、こうなるかどうかも事前に要チェック。カバーはあきらめましょう

6. PCの電源ON


うまくいけば初回から液晶に映像が映ります。BIOSが認識しているはずなので、BIOS画面等も表示できるはずです。

ドライバーも付属CDからインストールしておくのももちろん良いですが、NVIDAのソフトもあわせて自動でネットから取得されるようなので気にしなくても大丈夫です。

初回は内臓ディスプレイで起動して、再起動してから液晶ディスプレイに映った人はスイッチの設定に問題があるかもしれません。
何度再起動してもダメな人でもスイッチを疑いましょう。

スイッチは何度も切り替えて試すしかありません。

それでもだめならeGPU setup 1.3を試すしかありません。メーカー名と合わせて調べて、setupが有効かどうかを模索しましょう。


miniPCIeのアダプターを短くする


意外とつんでしまったのですが、基盤だから周りが折れそうに見えても手で力を加えればミシン目にそって折れます。
無理して壊さないように。

スイッチについて


このスイッチはGPUを認識させるときに遅延をつけると良いことが分かってできたものです。遅延の度合いを変えられます。
どうやらスイッチ1が違うと右の赤いランプ、スイッチ2が違うと左の赤いランプが起動時に点灯するようなので、それを見ながら自分のPCにあった設定を探してください。

動作不安定について

このPCの環境が悪いだけかもしれませんが、eGPUの影、不安定なところをいくつかあげていきます

PCの電源が入ってるときにGPU周りを触ると...

何もないときもありますが、環境によっては画面が一瞬ブラックアウトし

のような警告がでて、多くのゲームがフリーズし、音は出せなくなります。(HDMIの場合)
特にこのPCの場合はコネクターが留められないので、DVDドライブなどを使うとすぐにそうなります。
これが悪化するとブラックアウトのまま終わります。遠隔操作のできるTeamViewerでみると、

となっていいて認識ができないことになっています。映像が映らないので再起動するほかありません。

PCの電源が入ってるときにGPUの電源を入れたり、PCに接続すると...

miniPCIeはレガシー?なので、USBのように起動中に接続はできません。
もし、起動中に接続すれば認識されないうえに、変な動作をすることがあります。
うちの環境ではファンが100%の速さで轟音を立てて回転していました。明らかにやばそうでした。

DVDドライブにメディアを突っ込んだまんまで起動すると...

遅延の関係かGPUが認識されません。メディアは入れないか、DVDからの起動をBIOSで無効にすればよさそうです。
追記(2016/03/30):Blu-rayを入れたままでも起動するときがあったため、因果関係は不明

電力問題

ゲームには金がかかります。
ノートパソコンは大体65W
GPUに200W
液晶に30W
最大300W程度使います。常にではありませんが電気を食うのも事実。ノートとは違います。放置は避けるべきです。
ちなみにバッテリーが気になる人はバッテリーを取って使えばいいでしょう。

Bplus Technology

台湾の企業でminiPCIeとPCIeの変換アダプターを販売する唯一の企業です。全世界回っても多分ここしかありません。公式サイトは英語、中国語のほかに珍しく日本語対応をしています。日本語もどっかの安価な翻訳ではなく、ちゃんとした日本語で読みやすいです。eGPUのことはここに書いてあります。ここでgen3などと書いてあるのがPCIeのバージョンです。基本的にはgen3のやつを買えばok。このサイトからもPaypalで買えるようです、88ドル。円高の時に狙ってみるとよいかと。

また、Bplus製品は㈱デジナビが日本で取り扱っています。いろいろなサイトで販売していますが、結局はAmazonの発送センターを使うようで、Yahooで買った時に承諾メールが届かないこともありましたが、最後にはちゃんと届きました。しかし、電話してもつながらなかったり、IP電話に電話番号が変更されていたりと何かとあやしめな会社です。もっとちゃんとやってほしいものです。

ちなみに...

GTX960のメモリは基本2GBですが、足りないともいわれています。ただし、PC本体のメモリの2GB分(PCのメモリが8GBの場合)は共有できるらしいので実際は4GB分使えます。また、PCのメモリはノートであっても増設できる場合が多いので安心してください。大丈夫ですよ。
気になる帯域制限ですが、どれほど制限されているのかは未知数です。ただし、CPUもノート向けなのでi7とはいっても4Kのゲーム等はあきらめましょう。無理です。

また何か気づいたら追記します。
Twitter Facebook Google+ はてな LINE Pocket
目次