Xperd

mSATA SSDで超高速化!? ~とりあえずPC分解編~

買ってから2年間、Lavie G(Lavie LL 750ぐらい)を使い続けてきたわけですが、i7にFHDのフルスペックPCで足を引っ張っているのはHDDだろうと思っていました。実際、止まるときは決まってハードのランプが点灯していた上にいろいろあまり速くはないのでした。ただ、金もない上にデータ移動は面倒なものです。

ですが、よく考えればmSATAポートが開いているはずでした。
Lavie Gはカスタメイドモデルで自分でいろいろ選択できました。ただ、できるだけ安くほしかったのでWindows 8.1が出たころにWindows 8のモデルを買ったほうがいいとヨドバシのNECの人に言われました。そこで唯一よくなかったのは、在庫が少なく、カスタマイズの幅が少なかったのです。そこで本来は記憶領域のところで
・750GB HDD
・1TB HDD
・750GB HDD + 32GB SSD
・1TB HDD + 32GB SSD
と選べるはずだったのですが、750GB HDD一択でした。
その分のmSATAポートを使ってSSDを入れようかと考えています。キャッシュもいいのですが、不安定要素もある上に、書き込みは対して速くないので、HDDを記憶領域、SSDをシステム領域に仕立て上げようと思います。

1.中を見てみる

まず、今回はPCの中身を見て入れられるかどうか確認。
NECはありがたいことに開けても、メモリ増設しても、保証は一応あるので心配なし!三年の保証に入っていますが、それも続く!

開ける前はこんな感じ

二つのネジをとって、左上側から少しずつ持ち上げていく。爪があるのは左と下側。大体外れるとスライド?ずらしてとれます。
右上にCPU、上側にメモリがあるようです。

とりあえずフタの裏側。ツメの位置とか参考に。

マザーボードの型番はLA-9711P
バージョンは2013/3/19の2.0
探しても大したことは出て来ないのですが、レノボと関係ありそう。

右下の拡大。
これがmSATA?ずいぶんなスペースが空いている上に、取り付けられそうなネジもあります。

メモリの拡大。今回は触りませんが、これで8GBとは半端ない。

無線LANカードの拡大。まぁ、Intelでしょうね。ac対応。

青いものに包まれているのがボタン電池と思われます。

ここで気づいたのは

と二つのポートの名前らしきものが1,2となっているところです。
mSATAとmini PCIeは端子が同じでどっちか、または両対応かはマザーボードによって違うのです。実は事前にNECにこのことを問い合わせたのですが、「SATAのポートがあるとはわかるのですが、それ以上はわかりません」とお粗末な結果に。
ただ、この画像からすると、どっちも両対応の可能性があります。外部グラボも試してみたいころで、これはうれしい話です。ただ、位置的に挿せたとしてもふたが閉まらない可能性は十二分にあります。
とりあえずmSATAらしきポートはあるようです。今度はSSDを買ったら取り付けレポートをする予定です。
Twitter Facebook Google+ はてな LINE Pocket
目次