Xperd

mSATA SSDで超高速化? ~HDDデータ削除編~

前回の続き。SSDからWindowsが起動できてる前提で進めます。このままだとフルのSATAに刺さっているHDDが優先されるので、HDDのWindowsデータを消します。

本来ならディスクの管理から消せれば良いのですが、Windowsでは保護されていてなかなかできません。なので、サードパーティー製のソフトを使います。
今回は特に有名なEausUS Partition Masterを使います。入れ方は割愛しますが、今回はインストールを避けたいので、Technician Editionを使いました。
それの入れ方はここのDownloadでMediaFireからexeファイルをダウンロードし実行すると解凍されて使えます、以上。
いずれにせよ操作性はほぼ同じはずです。日本語対応してるので説明しなくてもわかる気がしますが、とりあえず書きます。


HDDのコピーしたパーティションを一つクリックしたら、左の「パーティションを削除」をクリック。それを繰り返します。
もし、HDDに残したいデータがなければ全部選択。この時点ではまだ実行されてないので、間違えても大丈夫です。


こんな感じに一覧から消えたらOK


左上のチェックマークを押し、


「はい」を押すと、実行されます。ここで後戻りできなくなります。これが終わると、必ずSSDから起動されるようになります。

ここで筆者はつまずいたのですが、とりあえず、成功するやり方を書きます。失敗はいつか番外編で書くことにします。


D:やE:とラベルの付いたHDDのデータパーティションを右クリックし、ボリュームの拡張を選びます。表示される数値が今のサイズなので、最大まで値を大きくし、OKを押す。消した分データ領域に使えるようになります。
この画像はやった後なので押せなくなっています。
また、未割当領域しかない場合は右クリックで新しいシンプルボリュームを作成すればよい。

これですべての作業は終わりです。mSATA SSDをCドライブ(システム)、2.5インチ HDDをDドライブ(データ)にすることができました。これでとても使いやすいノートPCになったでしょう。
データ容量も大きく増え、文句もないはずです。また、USBハードディスクなどを使わずにできるのも利点です。たった一万円でできるので、ぜひ試してほしいです。
次回はこの環境で是非お勧めしたい小技を書きます。
Twitter Facebook Google+ はてな LINE Pocket
目次